日経Automotive 2013/03号

Cover Story 自動運転 世界で開発競争 Part2 自動車メーカーの取り組み
Part 2:自動車メーカーの取り組み
技術開発の中心は米国 追いかける欧州と日本

 トヨタ自動車が自動運転技術の発表の場として、米国ラスベガスで開催された「International CES 2013(CES)」を選んだのには二つの理由がある。 一つは、開発を進めるのに必要な研究者やメーカーの協力を得やすくすること。トヨタは「外部の人材の協力が欠かせない」とみる。 自動運転車の実現に重要な技術は、センシングと情報処理である。(36〜42ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8508文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
Cover Story 自動運転 世界で開発競争(32〜33ページ掲載)
自動運転 世界で開発競争
Cover Story 自動運転 世界で開発競争 Part1 変わる自動車の価値(34〜35ページ掲載)
Part 1:変わる自動車の価値
Cover Story 自動運転 世界で開発競争 Part2 自動車メーカーの取り組み(36〜42ページ掲載)
Part 2:自動車メーカーの取り組み
Cover Story 自動運転 世界で開発競争 Part3 実現に向けた技術(43〜45ページ掲載)
Part 3:実現に向けた技術
Cover Story 自動運転 世界で開発競争 Part4 運転者主権のあり方(46〜47ページ掲載)
Part 4:運転者主権のあり方
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > ITS・自動車情報システム
【記事に登場する企業】
米グーグル社
米国防総省
米ゼネラルモーターズ社
update:19/09/26