日経ESG 2013/03号

論点争点
電気料金値上げ 窮地に陥る中小企業 負担の仕組みが課題
全国中小企業団体中央会 会長 鶴田 欣也氏 東京電力 常務 片岡 和久氏

燃料費の高騰に伴い、電力会社が相次いで電気料金の値上げを申請している。日本経済、とりわけ中小企業には死活問題だとして、昨年末、全国中小企業団体中央会が高原一郎・資源エネルギー庁長官に値上げ幅の抑制を求める要請書を提出した。先行して昨年、電気料金を値上げした東京電力。中小企業の悲鳴をどう受け止めるか。(60〜63ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5053文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 環境方針
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境方針
【記事に登場する企業】
資源エネルギー庁
全国中小企業団体中央会
東京電力ホールディングス
update:19/09/24