日経ESG 2013/03号

ISO14000事務局 10年目の本音 第17回
目的・目標にできない 著しい環境側面もある

 環境に著しい影響を与えるか、またはその可能性がある側面を「著しい環境側面」という。これが決まれば、環境目的・目標も自動的に決まると思っている人が多い。例えば「エネルギーの使用」が環境側面の場合、環境目的・目標として「何%の省エネを目指しているか」と条件反射的に尋ねてくる審査員もいる。(98〜99ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2712文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 環境方針
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境方針
update:19/09/24