日経ヘルス 2013/04号

スペシャル
花粉症を乗り切れ!
即効ツボ押しレスキュー、眠くならない市販薬はもう常識!

 耳鼻科や眼科、アレルギー科を受診して、症状に合った薬を服用し、シーズンが終わるまで治療を続けるのが花粉症対策の基本──。とはいえ、どんなに注意していても、症状が悪化してしまうこともある。そんな時には、日常でできる三つのケア法を実践してみよう。ここで紹介するのは、「ツボ押し」「香りマスク」「市販薬」の活用法だ。(104〜106ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5085文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 薬品
医療・バイオ > 健康維持・美容 > 健康維持・用品・食品
サービス・流通・生活・文化 > 健康維持・美容 > 健康維持・用品・食品
update:19/09/27