日経ヘルス 2013/04号

注目のOTCガイド Vol.33
ひび、あかぎれ、ささくれの治りを早める薬 できた傷には細胞修復成分 染みるようなら被膜形成剤でカバー

 皿洗いや洗濯などの家事について回るのが手荒れやひび、あかぎれ。乾燥しがちな冬季はもちろん、繰り返す手洗いで手指の皮脂が奪われてしまうと、肌表面からの水分蒸散が増し、ひび、あかぎれなどの原因になる。(117ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1677文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 薬品
update:19/09/27