日経ヘルス 2013/04号

研究 ピロリ菌
ピロリ菌による胃の不調 対策は除菌治療と乳酸菌
慢性胃炎に対する除菌治療も保険適用に……

 ヒトの胃に感染する細菌「ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)」が発見されて約30年。東海大学医学部の古賀泰裕教授は「これまでの研究で、ピロリ菌が、胃酸を中和するアンモニアを作る酵素を分泌して胃の中をすみやすい環境にし、胃粘膜に定着すること、その結果起きる胃粘膜の慢性的な炎症がさまざまな病気のリスクを高めることが分かってきた」と話す。(130〜131ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2496文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
update:19/09/27