日経コンピュータ 2013/03/21号

特集1 強い企業は逆境でも勝つ
イノベーションで世界と戦う

 本社から「ジャパンミラクル」と称賛される外資系企業がある。ネスレ日本だ。スイスに本社を置く世界最大の食品・飲料メーカー、ネスレの日本法人で、今年で創業100周年を迎えた。この“外資系の老舗”は業績を公表していないが、実は営業利益率が20%にも達する。同業他社が4%前後、本社でも15%程度なので、そのパフォーマンスは驚異的である。(34〜43ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9506文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 強い企業は逆境でも勝つ(30〜31ページ掲載)
強い企業は逆境でも勝つ
特集1 強い企業は逆境でも勝つ(32〜33ページ掲載)
コマツは知っていた
特集1 強い企業は逆境でも勝つ(34〜43ページ掲載)
イノベーションで世界と戦う
特集1 強い企業は逆境でも勝つ(44〜47ページ掲載)
変革迫られる日本のIT企業
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
アイリスオーヤマ
コマツ
ネスレ日本
ファミリーマート
ヤマトホールディングス
update:19/09/24