日経PCビギナーズ 2013/05号

特集2 アナログ音源を“デジタル”で残す 取り込み編
「オーディオ インターフェース」を 使って取り込む

 まずは、オーディオインターフェースを使ったデジタル化の方法を紹介していきます。今回使うのはオンキヨーの「SE-U33GXV」。接続方法は、パソコンとはUSBケーブルでつなぎ、再生機器側に合うオーディオケーブルをつなぐだけです(図1、図2)。取り込みに使う付属ソフトをインストールしたら、録音の準備に入りましょう(図3〜16ページ図5)。(15〜18ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1212文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 アナログ音源を“デジタル”で残す(12〜13ページ掲載)
アナログ音源を“デジタル”で残す
特集2 アナログ音源を“デジタル”で残す 取り込み編(14ページ掲載)
デジタル化の前に 5つのポイントを確認!
特集2 アナログ音源を“デジタル”で残す 取り込み編(15〜18ページ掲載)
「オーディオ インターフェース」を 使って取り込む
特集2 アナログ音源を“デジタル”で残す 取り込み編(19〜20ページ掲載)
パソコンと直結して フリーソフトで 取り込む
特集2 アナログ音源を“デジタル”で残す 活用編(21〜23ページ掲載)
デジタル化した後は iTunesにおまかせ!
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > デジタルメディアプレーヤ > デジタル音楽・AVプレーヤ*
パソコン・デジタルギア > デジタルメディアプレーヤ > その他(デジタルメディアプレーヤ)*
車・機械・家電・工業製品 > AV家電 > デジタル音楽・AVプレーヤ*
通信・ネットワーク・放送 > AV機器 > デジタル音楽・AVプレーヤ*
【記事に登場する企業】
オンキヨーサウンド&ビジョン
update:19/09/25