日経SYSTEMS 2013/05号

久美子先生と学ぶ 提案メソッド 第2回 顧客目線の要約を作って活用
意思決定に関わる層向けに 簡潔かつ響くサマリーを作る

 みなさん、こんにちは。式町久美子です。提案活動で受注を勝ち取るための方法論が「プロポーザルマネジメント」として確立されてきており、この連載ではそれをITエンジニア向けに解説します。前回(第1回)は、提案活動を始める際にスタートの早さが重要であることと、自社の優位性をいち早く見つけ出して提案までに強化することが大切だと説明しました。(96〜101ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8429文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > システム設計手法
【記事に登場する企業】
日本ヒューレット・パッカード
update:19/09/25