日経情報ストラテジー 2013/08号

特集2 インメモリー・コンピューティング
株取引、小売り、物流を支える

 インメモリーの導入に当たって、木浦部長補は過去3年分の社内データを蓄積した。また新しいデータを数多く加えることも計算に入れたという。データ検索が高速かつ容易になったことで、大きく3つの利点が生まれているという。(47〜51ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6328文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 インメモリー・コンピューティング(46ページ掲載)
アベノミクスの陰の主役 インメモリー・コンピューティング
特集2 インメモリー・コンピューティング(47〜51ページ掲載)
株取引、小売り、物流を支える
特集2 インメモリー・コンピューティング(52〜53ページ掲載)
成功する導入へ3つのポイント
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > データ分析・ナレッジマネジメント > データ分析システム*
情報システム > 基幹業務システム > データ分析システム*
update:19/09/24