日経Linux 2013/10号

特集2 近未来のLinuxモノ作り
〔PART6 メガネ型コンピュータを自作!〕 Google Glassを自分で作ろう ハンドジェスチャーで操作可能に

Google Glassはまだ一部の開発者しか入手できないので、筆者は自分で作ってしまいました。シースルー型のヘッドマウントディスプレイも原理は単純で、今の時代なら様々な部品を組み合わせて作ることができます。Androidが動くARMボードをケーブルでつなぎ、メガネと…(89〜96ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:12471文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 近未来のLinuxモノ作り(64〜65ページ掲載)
近未来のLinuxモノ作り
特集2 近未来のLinuxモノ作り(66〜71ページ掲載)
〔PART1 Google Glassでネイティブアプリを動かそう〕 通常のAndroid開発環境で作れるいつでも見られるキッチンタイマー
特集2 近未来のLinuxモノ作り(72〜75ページ掲載)
〔PART2 注目の没入型メガネデバイス!〕 360度のバーチャルリアリティー 新感覚のゲームデバイスをLinuxで試す
特集2 近未来のLinuxモノ作り(76〜80ページ掲載)
〔PART3 スマホで制御できるカチューシャ〕 メイドさんを自分の手で輝かせられる がじぇるねマイコンでBluetooth通信
特集2 近未来のLinuxモノ作り(81〜84ページ掲載)
〔PART4 パターマットを格好良く改造〕 カップイン数をLEDで表示 2000円台マイコンボードでお手軽工作
特集2 近未来のLinuxモノ作り(85〜88ページ掲載)
〔PART5 Kinectで作るジェスチャー入力マシン〕 手や頭で“ジョジョ立ち”を認識 OSSで簡単に実装できる
特集2 近未来のLinuxモノ作り(89〜96ページ掲載)
〔PART6 メガネ型コンピュータを自作!〕 Google Glassを自分で作ろう ハンドジェスチャーで操作可能に
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン本体・ホームサーバー > その他(パソコン本体・ホームサーバー)
情報システム > サーバーOS > Linuxサーバー
update:19/09/25