日経ESG 2013/10号

トレンド&ニュース 水素エネルギー
貯蔵技術が変える水素戦略 課題はコストとCO2回収

燃料電池車向け燃料として、国内の製油所や製鉄所で製造される水素が有望視されてきた。しかし、貯蔵・運搬技術が進歩すれば水素の海外生産も重要な選択肢になる。 安倍政権の成長戦略に盛り込まれた燃料電池車は、市場投入が2015年に予定されている。(12〜13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2731文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > エネルギー資源・燃料
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > エネルギー事業 > エネルギー資源・燃料
update:19/09/24