日経SYSTEMS 2013/10号

検証
諦めるな!セキュリティ攻撃はここまで防げる
侵入された後どうするか 外部との通信遮断、漏洩に備え暗号化も

 最初に講じたい対策は、社内ネットワークに侵入したマルウエアを素早く検知することである。従来のマルウエア対策製品の多くは、定義ファイルと照らし合わせてマルウエアかどうかを判断する。この仕組みでは、定義ファイルがまだ作られていない「未知のマル…(66〜71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5889文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム運用管理 > その他(システム運用管理)*
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
update:19/09/25