日経トップリーダー 2013/10号

日本で出合える海外デザイナーの名コース
第30回 旧軽井沢ゴルフクラブ
別荘地に現存する大正時代からの名門コース

旧軽井沢ゴルフクラブは、大正時代に開場した名門コースだ。設計家のトム・ニコルが、自ら用地を歩いてティーグランドやグリーンの位置を指示。原形となる9ホールを造った。(88〜89ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:723文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > メディア・音楽・スポーツ > スポーツ
update:16/04/15