日経トップリーダー 2013/10号

破綻の真相 東北ビバレッジ(清涼飲料の充填)
独自商品持たず下請け仕事に終始 価格競争に陥り資本力で負けた

東北ビバレッジ清涼飲料の充填大手飲料メーカーなどの商品のOEM(相手先ブランドによる生産)を手掛ける。独自商品を持たず、大口顧客からの受託で成長してきた。デフレ不況で価格競争が激化し、資本力の差で敗北した。(100〜102ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3031文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる216円
買い物カゴに入れる(読者特価)108円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 倒産・解散
update:16/04/15