日経アーキテクチュア 2013/11/10号

ニュース 時事
二転三転の罹災証明で住民の訴え却下
東日本大震災のマンション誤判定訴訟

 二転三転する罹災証明に振り回された—。東日本大震災で大規模半壊の判定を受けた仙台市のマンションが、市の再調査で一部損壊に変更され不利益を受けたとして、マンションの住民4人が市に対して固定資産税額の変更処分などの取り消しを求めた訴訟で、仙台…(14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1312文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 規格・法令・資格(建設・不動産) > 建設・不動産関連の規格・法令
建設・不動産 > 建築トラブル > 事故・災害(建築・土木関連)
建設・不動産 > 建築トラブル > 不良・トラブル(建築・土木関連)
政治・経済・社会 > 社会 > 社会全般
ビズボードスペシャル > 法令 > 建設・不動産関連の規格・法令
update:19/09/26