日経SYSTEMS 2013/12号

特集1 これが日本のトップアーキテクト
これが日本のトップアーキテクト
 技術の本質をつかむ目はこう養う

今、ITの現場で圧倒的に求められるのが、広範な技術を極めたITアーキテクトだ。全社システム基盤の刷新のように難しい案件が増え、その価値は高まる一方である。ITアーキテクトは現場でどのように考えるのか。どうすれば、そうなれるのか。(28〜29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:597文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 これが日本のトップアーキテクト(28〜29ページ掲載)
これが日本のトップアーキテクト
特集1 これが日本のトップアーキテクト(30〜32ページ掲載)
〈PART1 目指せ!トップアーキテクト〉 非公表のクラウド内部仕様 経験基に推定し可用性を確保
特集1 これが日本のトップアーキテクト(33〜35ページ掲載)
〈PART2 トップアーキテクトが備える三つの力〉 革新力、予見力、探求力 三つの力で現場の課題を解決
特集1 これが日本のトップアーキテクト(36〜37ページ掲載)
〈PART3 トップアーキテクトのやり甲斐〉 次世代のクラウド、業務変革 アーキテクトが歩む二つの道
特集1 これが日本のトップアーキテクト(38〜41ページ掲載)
〈PART4 技術の本質を見抜く秘訣〉 真贋が分かる目を養う アーキテクト3人の実践方法
特集1 これが日本のトップアーキテクト(42〜47ページ掲載)
〈PART5 トップアーキテクトに聞く五つの質問〉 失敗や難題をどう乗り越える? 今後注目すべき技術分野は?
特集1 これが日本のトップアーキテクト(48〜49ページ掲載)
〈PART6 20〜30代にやるべきこと〉 ITアーキテクトを目指す キャリアの積み重ね方
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > その他(システム設計・開発)
update:19/09/25