日経メディカル 2014/01号

特集 高齢者にやさしい薬・検査・ロボット
〈検査〉 より低侵襲な検査が登場 患者負担を和らげるデバイスも

 狭心症を診断する際は、虚血を評価するため、負荷心電図や心筋シンチグラフィー、カテーテル検査などが行われる。だが、運動負荷が必要だったり、費用や侵襲性の高さから、自覚症状のない高齢者には行いにくい。 そこで最近注目されているのが、プレミアハ…(41〜45ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6957文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 高齢者にやさしい薬・検査・ロボット(36〜37ページ掲載)
高齢者にやさしい 薬・検査・ロボット
特集 高齢者にやさしい薬・検査・ロボット(38〜40ページ掲載)
〈薬〉 飲み込みやすい剤形が続々 服薬を助けるゼリーも
特集 高齢者にやさしい薬・検査・ロボット(41〜45ページ掲載)
〈検査〉 より低侵襲な検査が登場 患者負担を和らげるデバイスも
特集 高齢者にやさしい薬・検査・ロボット(46〜47ページ掲載)
〈ロボット〉 日本発の独自技術が実用化 高齢者の体と心をアシスト
特集 日本の医療を変えた薬(10〜11ページ掲載)
医師・薬剤師850人が選ぶ 日本の医療を変えた薬
特集 日本の医療を変えた薬(12〜20ページ掲載)
〈Part1 疾患領域別「革新的薬剤」ランキング〉 新機序で有効性が飛躍的に向上 発売後数年の新薬も上位に
特集 日本の医療を変えた薬(21〜25ページ掲載)
〈Part2 薬効分類別の満足度調査〉 効果や安全性に加え 剤形や服薬回数も満足度に影響
特集 日本の医療を変えた薬(26〜27ページ掲載)
〈Part3 今後、開発が望まれる薬剤〉 癌や認知症の根治薬を切望 OD錠や貼付薬のニーズ大
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > その他(病気・怪我)
医療・バイオ > 医療機器・用品・システム > 医療機器・用品
update:19/09/27