日経パソコン 2014/01/27号

ビジネスメールの掟
頑張って損した!?「一方的な期限メール」

今回の掟他人と仕事をする際は、お互いのスケジュールを考慮する必要がある自分の都合で急な期限を設ける際は、自分も迅速に対応すべきすぐに返信できないときは、メールを受信した旨だけでも連絡する平野:直井さん、チラシ制作を依頼したデザイン会社さんか…(107ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2087文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > ビジネススキル・ノウハウ一般
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ビジネススキル・ノウハウ一般
日経パソコンEdu用記事(非表示) > 情報倫理・著作権を学ぶ > メールの作法
update:18/07/24