日経パソコン 2014/01/27号

クローズアップトレンド
片手で持てる4K対応ビデオカメラが登場
ソニーの新製品「FDR−AX100」、解像度は3840×2160ドット

 個人ユーザーには高根の花だった4K映像の撮影を、手軽かつ本格的に楽しめる時代が到来した。ソニーは3月14日、片手で持てる小型サイズの4K対応ビデオカメラ「FDR-AX100」を発売する。同社は2013年11月に家庭用としては初となる4Kビデオカメラ「FDR-AX1」を発売済み。(8ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1222文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > デジタルカメラ > デジタルビデオカメラ
車・機械・家電・工業製品 > AV家電 > デジタルビデオカメラ
通信・ネットワーク・放送 > AV機器 > デジタルビデオカメラ
【記事に登場する企業】
ソニー
update:18/07/24