日経パソコン 2014/01/27号

特集1 ネットワークの不調を解決する
「つながらない」は定番手順で解決できる

 ほかの機器と基本的な通信ができるかを確認する方法として「ping」を覚えておくとよいだろう。pingは、任意のIPアドレスに向けてICMPという通信プロトコルでテスト用のパケット(データの固まり)を送信し、そのパケットに相手側の機器が応答できるかどうかで通…(38〜45ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:10035文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 ネットワークの不調を解決する(32〜33ページ掲載)
遅い つながらない ネットワークの不調を解決する
特集1 ネットワークの不調を解決する(34〜35ページ掲載)
総論 意外なところに落とし穴、全体像を把握する
特集1 ネットワークの不調を解決する(36〜37ページ掲載)
問題解決に不可欠! ネットワークの基礎知識
特集1 ネットワークの不調を解決する(38〜45ページ掲載)
「つながらない」は定番手順で解決できる
特集1 ネットワークの不調を解決する(46〜49ページ掲載)
遅さを感じたらまず速度をチェック
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 個人向け無線インターネット接続サービス > その他(個人向け無線インターネット接続サービス)
通信・ネットワーク・放送 > 無線LAN > 無線LAN構築・利用法
通信・ネットワーク・放送 > 構築事例・ノウハウ(通信・ネットワーク・放送) > 無線LAN構築・利用法
日経パソコンEdu用記事(非表示) > ITの技術を知る > ネットワークの仕組み
update:18/07/24