日経メディカル 2014/02号

リポート5
動き出した未婚女性の卵子凍結保存
学会がガイドラインを策定、廃棄を巡るトラブルの懸念も

 卵子凍結を希望する女性の中には、「若いときに採取した卵子なら、体外受精させればすぐに妊娠できる」などと過大な期待感を抱いたり、「凍結保存さえしておけば、結婚、出産を先送りできる」と安易に考えているケースが少なくない。 だが、日本産科婦人科…(36〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3611文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 法令・資格(医療・バイオ) > その他(医療・バイオ関連の法令・資格)
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > その他(医療・バイオ関連の法令・資格)
update:19/09/27