日経SYSTEMS 2014/03号

要件定義を成功に導くモデリング
〈最終回 論理データモデルへの引き継ぎ〉 説明書・用語集で見方指南 三つの点検も忘れず実施

 概念データモデルに限らず、要件定義工程では「どこまで詳細な情報を定義しておくべきか」ということに頭を悩ますものです。単純に考えると、要件定義工程は「要件」を定めるフェーズであり、基本設計工程は「仕様」を定めるフェーズといえます。しかし、な…(86〜91ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7917文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > その他(システム設計・開発)
情報システム > システム設計・開発 > システム設計手法
【記事に登場する企業】
ULSグループ
update:19/09/25