日経メディカル 2014/04号

私の処方
透析患者の頑固な痒みにプレガバリン
神経伝達物質の分泌を抑制 副作用考慮し低用量で開始

江畑俊哉氏えばた としや●ちとふな皮膚科クリニック(東京都世田谷区)院長/1982年群馬大卒。東京医科歯科大麻酔科、東京慈恵医大皮膚科、同大付属第三病院皮膚科診療部長を経て、2004年から現職。1リリカカプセル25mg  1錠就寝前 1日1回 7日分 患者は維持…(95ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1498文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 処方・服薬
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
update:19/09/27