日経メディカル 2014/04号

特集1 臨床研修制度で医療は前進したか
〈研修医の待遇〉 1年次で年収955万円の研修医も
薄給・過重労働は改善されたのか

研修医の処遇 研修医が臨床研修に専念できるよう、臨床研修制度ではアルバイトを禁止し、労働基準法などの労働関係法令に規定される労働条件に相当する処遇を確保することが定められた。 その結果、研修時間は1週40時間、1日8時間を超えないようになった。ま…(52ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1346文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 臨床研修制度で医療は前進したか(44〜45ページ掲載)
臨床研修制度で医療は前進したか
特集1 臨床研修制度で医療は前進したか(46〜47ページ掲載)
〈PROLOGUE〉 「成功」と「失敗」、評価は真っ二つ
特集1 臨床研修制度で医療は前進したか(48〜49ページ掲載)
〈研修プログラム〉 弾力化により経験症例数の不足も
特集1 臨床研修制度で医療は前進したか(50〜51ページ掲載)
〈臨床研修病院〉 “目指す医師像”で研修先を選択
特集1 臨床研修制度で医療は前進したか(52ページ掲載)
〈研修医の待遇〉 1年次で年収955万円の研修医も
特集1 臨床研修制度で医療は前進したか(53〜55ページ掲載)
〈地域偏在〉 定員上限の設定で都市から地方へ
特集1 臨床研修制度で医療は前進したか(56〜58ページ掲載)
〈診療科偏在〉 小児科は集約化で医師増に成功
特集1 臨床研修制度で医療は前進したか(59ページ掲載)
〈指導医の負担〉 「教育は医師の務め」が浸透
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 法令・資格(医療・バイオ) > 医療・バイオの法令全般
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 診療・薬剤報酬
ビズボードスペシャル > 法令 > 医療・バイオの法令全般
update:19/09/27