日経メディカル 2014/05号

リポート3
普及始まるハイブリッド手術室
急変時にも即座に対応、先端的医療のプラットフォームにも

 例えば、榊原記念病院は、心臓ペースメーカーなどの植え込みにも、しばしばハイブリッド手術室を使用する。「感染リスクを減らすという点で、アンプラッツァー心房中隔欠損閉鎖術や除細動器の植え込み術など、“異物”を体内に入れ込む際に、ハイブリッド手…(30〜32ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3794文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医療機器・用品・システム > その他(医療機器・用品・システム)
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 病院・薬局・施設紹介
【記事に登場する企業】
慶應義塾大学病院
済生会熊本病院
榊原記念病院
update:19/09/27