日経メディカル 2014/07号

キーパーソンインタビュー
あだち入谷舎人クリニック院長、日本医大名誉教授 飯野靖彦氏
高齢者の予後を左右する輸液 体液バランスは尿電解質で把握を

 腎機能が低下すると水電解質の調節機能も落ちますから、不適切な輸液を行うと容易に脱水や水過剰、電解質異常を来します。要するに、高齢者では輸液処方の許容範囲が狭くなるのです。心臓や肺の機能も低下してきますから水電解質のアンバランス、循環血漿量…(64〜65ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2690文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 処方・服薬
【記事に登場する企業】
日本医科大学
update:19/09/27