日経メディカル 2014/07号

トピックス
医療法・介護保険法改正 ほか
病床機能報告が義務化 事故調制度は来年10月スタート

 患者申出療養制度は、「困難な病気」を持つ患者からの申し出を基に、国内未承認薬や適応外の医薬品をより迅速に保険診療と併用できるようにする仕組み。政府の規制改革会議が6月13日に取りまとめた第2次答申に盛り込んでおり、これを受け成長戦略にも掲げる…(36〜38ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4392文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 看護・介護 > その他(介護・看護)
医療・バイオ > 法令・資格(医療・バイオ) > 医療・バイオの法令全般
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 診療・薬剤報酬
ビズボードスペシャル > 法令 > 医療・バイオの法令全般
update:19/09/27