日経メディカル 2014/07号

特集 輸液の誤解
輸液の誤解

輸液の誤解維持輸液といえば取りあえず3号液──。「上の先生がこうやっていたから」と型通りの輸液ばかりしていないだろうか。個々の病態を考えて輸液しないと、医原性低ナトリウム血症を引き起こすなど患者の予後に悪影響を及ぼす恐れがある。(46〜47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:397文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 輸液の誤解(46〜47ページ掲載)
輸液の誤解
特集 輸液の誤解(48〜52ページ掲載)
【熱中症】 夏の脱水、水不足とは限らない!
特集 輸液の誤解(53〜57ページ掲載)
【低ナトリウム血症】 低張輸液が引き金に
特集 輸液の誤解(58〜61ページ掲載)
【体液過剰】 本当に輸液が必要なのか考える
特集 輸液の誤解(62〜63ページ掲載)
【低栄養】 「少し足りなくてもいいか」で済ませない
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 処方・服薬
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
update:19/09/27