日経メディカル 2014/08号

特集 迫り来る 新・再興感染症
エボラ出血熱
アフリカで過去最大の流行 実態不明で警戒強まる

 国立感染症研究所ウイルス第一部部長の西條政幸氏は、「今回の流行地域は、もともと政情が不安定で対応が難しい地域だ。現地の住民の感染症に関する知識も不足しているため、流行が収まらないのではないか」と推測する。 エボラ出血熱流行地域を今年5月に…(42〜43ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2188文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 迫り来る 新・再興感染症(40〜41ページ掲載)
迫り来る 新・再興感染症
特集 迫り来る 新・再興感染症(42〜43ページ掲載)
エボラ出血熱
特集 迫り来る 新・再興感染症(44〜45ページ掲載)
MERS
特集 迫り来る 新・再興感染症(46〜47ページ掲載)
髄膜炎菌感染症
特集 迫り来る 新・再興感染症(48〜49ページ掲載)
C.difficile感染症
特集 迫り来る 新・再興感染症(50ページ掲載)
A型肝炎
特集 迫り来る 新・再興感染症(51ページ掲載)
E型肝炎
特集 迫り来る 新・再興感染症(52ページ掲載)
劇症型溶連菌感染症
特集 迫り来る 新・再興感染症(53ページ掲載)
デング熱
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
update:19/09/27