日経ものづくり 2014/09号

特集1 走り出したインダストリアル農業
〔第1部 総論〕 工業生産で農作物の競争力が向上 製造業の技術やノウハウをフル活用

 2014年に入って、製造業が取り組む農業関連事業の中に、これまでとは明らかに異なる動きが出てきた。例えば東芝。同社は2014年5月に、神奈川県横須賀市にある遊休施設を完全人工光型の植物工場に転用し、2014年秋からレタスなどの野菜の生産を開始すると発表し…(32〜38ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9264文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 走り出したインダストリアル農業(29ページ掲載)
走り出したインダストリアル農業
特集1 走り出したインダストリアル農業(30〜31ページ掲載)
製造業、続々と農業へ
特集1 走り出したインダストリアル農業(32〜38ページ掲載)
〔第1部 総論〕 工業生産で農作物の競争力が向上 製造業の技術やノウハウをフル活用
特集1 走り出したインダストリアル農業(39〜41ページ掲載)
〔第2部 事例〕 経験頼みの作業をTPSで改善 PDCAを回してムダを省く
特集1 走り出したインダストリアル農業(42〜43ページ掲載)
〔第2部 事例〕 自然の力を利用して栽培環境を制御 初期投資を抑え日本の農家を支援
特集1 走り出したインダストリアル農業(44〜45ページ掲載)
〔第2部 事例〕 光を武器に植物工場事業を展開 偶然から生まれた照射技術が強み
特集1 走り出したインダストリアル農業(46〜48ページ掲載)
〔第2部 事例〕 現場での実践から機能を開発 イノベーションの拠点を新設
特集1 走り出したインダストリアル農業(49〜51ページ掲載)
〔第2部 事例〕 農業未経験でも安定生産 ハードからノウハウ、保守を一括提供
特集1 走り出したインダストリアル農業(52〜53ページ掲載)
〔第2部 事例〕 クリーンルームで野菜を大規模生産 グループ内の設備と技術を総動員
特集1 走り出したインダストリアル農業(54〜56ページ掲載)
〔第2部 事例〕 常識を次々と見直した新精米工場 ペットフード製造などの知見を活用
特集1 走り出したインダストリアル農業(57〜58ページ掲載)
〔第2部 事例〕 機能性野菜のノウハウを他社に提供 フランチャイズ展開で生産量を確保
特集1 走り出したインダストリアル農業(59〜61ページ掲載)
〔第3部 数字で見る現場〕 技術面でのテコ入れ余地が大きい未知なる市場への期待と不安も
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > その他(車・機械・家電・工業製品) > その他(車・機械・家電・工業製品)
車・機械・家電・工業製品 > 生産用機械 > 農業用機械
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > 第一次産業 > 農業
update:19/09/26