日経メディカル 2014/09号

判例に学ぶ医療トラブル回避術
病棟で肺塞栓症に陥り死亡 当直医の診断ミスを認定

 患者A(女性、当時66歳)は2泊3日の旅行をしたが、出立の際に息切れを覚えたことが気になり、帰宅後の2008年1月15日、糖尿病などの治療のため通院中だったかかりつけ医のB医師(個人立診療所)を受診した。 その際の心電図検査で、「V3、V4誘導で陰性T波が計測さ…(127〜129ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4606文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > 医療事故
update:19/09/27