日経メディカル 2014/10号

特集1 診療報酬改定で激変する医療現場
病院の対応:医師負担軽減を評価した加算の算定
予定手術前の当直免除で働きやすさが向上

 急性期病院にとって厳しい内容が目立った今改定だが、勤務医の立場からすると、労働負担の軽減を促す新たな項目が盛り込まれており、その恩恵を受けるケースも出てきている。手術料と1000点以上の処置料に「休日・時間外・深夜加算1」が新設され、予定手術前…(59〜63ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5921文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 診療報酬改定で激変する医療現場(50〜51ページ掲載)
診療報酬改定で激変する医療現場
特集1 診療報酬改定で激変する医療現場(52〜53ページ掲載)
病院の機能強化・再編の動きが本格化 「実績」アップへ協力迫られる医師
特集1 診療報酬改定で激変する医療現場(54〜58ページ掲載)
病院の対応:救急医療の強化
特集1 診療報酬改定で激変する医療現場(59〜63ページ掲載)
病院の対応:医師負担軽減を評価した加算の算定
特集1 難病医療の夜明け(9ページ掲載)
難病医療の夜明け
特集1 難病医療の夜明け(10〜12ページ掲載)
Prologue 難病法成立、300疾患が指定難病に
特集1 難病医療の夜明け(13〜15ページ掲載)
進行性腎障害 標準治療の見直しが進む小児ネフローゼ、IgA腎症
特集1 難病医療の夜明け(16〜17ページ掲載)
特発性肺線維症 新薬が来年にも登場か第3相試験で成果
特集1 難病医療の夜明け(18〜19ページ掲載)
特発性心筋症 細胞シートによる心筋再生実用化の一歩手前に
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 診療・薬剤報酬
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > その他(病院・薬局・施設経営)
update:19/09/27