日経コンピュータ 2014/10/16号

特集2
ERPはSaaS型が常識

ERPはSaaS型が常識。こんな時代が到来しようとしている。ビジネスのスピードに合わせて、できれば数週間、長くても数カ月で基幹システムを導入したい。こうしたニーズが急速に高まっているからだ。本社を含む国内外拠点の基幹システムをSaaS型ERPに丸ごと置き換える日本企業も登場し始めた。先行企業4社の事例、製品の最新動向からSaaS型ERPの実態に迫る。(92〜99ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7522文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2(92〜99ページ掲載)
ERPはSaaS型が常識
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > クラウドサービス > 法人向けクラウドサービス
情報システム > 基幹業務システム > ERP(統合基幹業務支援)
情報システム > 特定業務システム > その他(特定業務システム)
情報システム > システムインフラサービス・ソフト > 法人向けクラウドサービス
【記事に登場する企業】
アイ・アール債権回収
商船三井ロジスティクス
スーパーストリーム
DeNAライフサイエンス
Looop(ループ)
update:19/09/24