日経メディカル 2014/11号

特集1 アレルギー診療の新常識
アレルギー発症予防 有力視される「経皮感作仮説」
アトピー性皮膚炎児の多くが卵白に経皮感作か

 だが、その後の疫学研究の結果、妊娠・授乳期の母親における予防的な食物除去や、離乳食開始時の除去が、食物アレルギーの有病率減少に寄与しないことが示され、08年に米国小児科学会はかつて公表した声明を撤回。現在は我が国でも予防的な除去の必要性は否…(50〜51ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3055文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 アレルギー診療の新常識(40〜41ページ掲載)
アレルギー診療の新常識
特集1 アレルギー診療の新常識(42〜43ページ掲載)
Prologue 求められるアレルギー診療の均てん化
特集1 アレルギー診療の新常識(44〜45ページ掲載)
花粉症 根治を目指せる舌下免疫療法が登場
特集1 アレルギー診療の新常識(46〜47ページ掲載)
アナフィラキシー 蕁麻疹が出なくても安易に除外しない
特集1 アレルギー診療の新常識(48〜49ページ掲載)
食物アレルギー 除去や負荷試験は必要最低限に
特集1 アレルギー診療の新常識(50〜51ページ掲載)
アレルギー発症予防 有力視される「経皮感作仮説」
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
update:19/09/27