日経NETWORK 2014/12号

特集1 いちから学ぶネットワーク動作試験の作法
〔Part4〕 テストにまつわる素朴な疑問

 現場でよく使われるツールは、比較的シンプルな機能のものが多い。これは、テスト結果を取得・確認する際に、「そのツールでなければ実行できない特別な機能」を使うと、ほかの人が後から検証するのが難しくなってしまうためだ。そのため、「ping」…(38〜39ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2775文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 いちから学ぶネットワーク動作試験の作法(18〜19ページ掲載)
いちから学ぶ ネットワーク動作試験の作法
特集1 いちから学ぶネットワーク動作試験の作法(20〜27ページ掲載)
〔Part1〕 これがみんなの定石だ 動作テストの基本を押さえよう
特集1 いちから学ぶネットワーク動作試験の作法(28〜33ページ掲載)
〔Part2〕 シンプル構成のネットワークでは障害時の疎通を中心にテスト
特集1 いちから学ぶネットワーク動作試験の作法(34〜37ページ掲載)
〔Part3〕 中規模以上の環境では WANや性能テストに注意
特集1 いちから学ぶネットワーク動作試験の作法(38〜39ページ掲載)
〔Part4〕 テストにまつわる素朴な疑問
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > 構築事例・ノウハウ(通信・ネットワーク・放送) > ネットワーク構築手法・ノウハウ*
update:19/09/26