日経コミュニケーション 2014/12号

特集 無料Wi−Fi活用
[パート2:ノウハウ編] 安く・早く・価値を生む サービスを成功に導く投資術

 2020年に東京で開催されるオリンピックを見据えて、無料Wi-Fiに対する企業や自治体の投資熱はしばらく続きそうだ。しかし利用者が増えている先行事例の陰で、「想像以上に利用者の伸びが鈍い」「本業への波及効果が見えるのには程遠い」と担当者が打ち明けるサ…(24〜33ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:11739文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 無料Wi−Fi活用(14〜17ページ掲載)
[総論] 無料Wi−Fi活用
特集 無料Wi−Fi活用(18〜23ページ掲載)
[パート1:事例編] 「ここだけ」のサービスで先行 独自性と利便性が集客の鍵
特集 無料Wi−Fi活用(24〜33ページ掲載)
[パート2:ノウハウ編] 安く・早く・価値を生む サービスを成功に導く投資術
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 個人向け無線インターネット接続サービス > 公衆無線LANサービス*
update:19/09/26