日経コミュニケーション 2014/12号

スマートな社会を支えるICT最前線
イベント時の歩行支援
センサーやカメラで流れ込む人の動きを把握 シミュレーション結果に基づいて流れを制御

2020年開催の東京五輪では、海外および国内の地方からの旅行者が東京近郊に集まる。さらに競技会場では何万人もの人々が集まり、駅や通りが人であふれかえることが予想される。こうした場面で快適性、安全性を確保する際にも、ICTを活用できる。(72〜73ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2260文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
update:19/09/26