日経コミュニケーション 2014/12号

編集室から Editors Eye
2.3GHz帯開放、1.7GHz帯上下非対称割当か 総務省の新周波数割り当て方針を読む

 総務省が移動通信システム向けの周波数帯確保の中長期計画を見直した。11月上旬に総務省が公開した電波政策ビジョン懇談会の最終報告書案で、当初目標としていた「2020年までに2000MHz幅を確保」を、「対象周波数帯域の合計約2900MHz幅のうち、2700MHz幅程度を確保」…(82ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1568文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > 伝送規格全般
【記事に登場する企業】
総務省
update:19/09/26