日経パソコン 2014/12/08号

弁護士・税理士が斬るパソコン世相
「検索結果から自分を消して」に応じるか? ヤフーが方針を2014年中に公表へ ほか

 ネット検索サービスは、膨大な情報の中から、必要な情報にアクセスすることを可能にする。その一方で、誹謗(ひぼう)・中傷や個人のプライバシーに関わる事柄など、「自分にとって好ましくない情報」を、検索結果から消してほしいという声が高まっている。…(108ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1956文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > ニュース・情報配信 > 検索サービス
日経パソコンEdu用記事(非表示) > 情報倫理・著作権を学ぶ > 弁護士・税理士が斬るパソコン世相
【記事に登場する企業】
ヤフー
update:18/07/24