日経メディカル 2014/12号

リポート4
「2時間おき」の体位変換は必要か?
 褥瘡の治療効果を高めるスモールチェンジ法

 「時間間隔に縛られず、かつ患者の身体の一部を小さく動かすだけで済むような体位変換の方法はないだろうか」──。これら2つの条件を兼ね備えた新たな体位変換法「スモールチェンジ法」の検討を進めているのは、山口県立大学看護栄養学部教授の田中マキ子…(26〜27ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3017文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 看護・介護 > その他(介護・看護)
医療・バイオ > 医療関連資格・スキルアップ > 医療・薬剤・看護・介護の知識
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > 医療・薬剤・看護・介護の知識
update:19/09/27