日経ビジネス 2015/01/05号

時事深層 景気と企業を占う
製造業 モノ作りの「再編」へ、機運高まる

 ダイキン工業やキヤノンを代表例に、中国などの工場から一部製品の生産を国内工場に戻す動きは既に広がっている。1ドル=100円を超える円安が定着し、足元では120円に近い水準で推移している。新興国での人件費上昇もあり、国内生産の優位性が高まった。(16〜17ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3772文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・機械・家電・工業製品の市場・業界動向 > 自動車・バイクの市場・業界動向
車・機械・家電・工業製品 > 車・機械・家電・工業製品の市場・業界動向 > 機械・工業製品の市場・業界動向
ビズボードスペシャル > 市場・業界動向 > 自動車・バイクの市場・業界動向
ビズボードスペシャル > 市場・業界動向 > 機械・工業製品の市場・業界動向
update:19/09/24