日経メディカル 2015/01号

判例に学ぶ医療トラブル回避術
患者がベッドから転落、死亡 注意義務違反を認めず

 患者A(81歳男性)は慢性腎不全や糖尿病などに罹患しており、排泄に介助を要し、歩行・更衣は全面介助を要する状態であり、視力低下および難聴があった。また、左手指の第2〜4指と左下肢膝下が切断されていた。 2011年5月14日、Aは右足壊疽を原因とする右大腿…(108〜110ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4630文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > 医療事故
update:19/09/27