日経メディカル 2015/02号

特集1 痛みに先手を打て
〔術後疼痛〕 術前からの鎮痛薬で痛みを予防
作用機序の異なる2種類以上の薬を併用

術後疼痛「痛みに先手を打つ」という考え方がいち早く導入されたのが、周術期の「先行鎮痛」。最近では、人工呼吸器装着後、より早く予防的に鎮痛薬を投与する手法の有効性を示唆するデータが出ており、注目されている。 術後の痛みを予防する「先行鎮痛」の…(47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1370文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 痛みに先手を打て(38〜39ページ掲載)
痛みに先手を打て
特集1 痛みに先手を打て(40〜41ページ掲載)
〔プロローグ〕 痛みは脳や体に記憶される
特集1 痛みに先手を打て(42〜45ページ掲載)
〔運動器痛・帯状疱疹痛〕 痛みを素早く軽減し満足度高める
特集1 痛みに先手を打て(46ページ掲載)
〔穿刺時の痛み〕 処置時の不安を和らげ痛み緩和
特集1 痛みに先手を打て(47ページ掲載)
〔術後疼痛〕 術前からの鎮痛薬で痛みを予防
特集1 痛みに先手を打て(48〜51ページ掲載)
〔癌性疼痛〕 痛みの感作が起こる前に対処を
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
医療・バイオ > 医療関連資格・スキルアップ > 医療・薬剤・看護・介護の知識
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > 医療・薬剤・看護・介護の知識
update:19/09/27