日経メディカル 2015/02号

特集2 相続対策 事始め
ドロ沼に陥らないための相続対策事始め
勤務医も必見!

今年1月に改正相続税法が施行された。開業医のみならず勤務医も課税対象者が増えるとみられ、多くの医師にとって相続対策は避けて通れないものとなった。対策を怠ると、税負担が増えるだけでなく、親族らを巻き込んだドロ沼のトラブルに発展しかねない。(63ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:275文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 相続対策 事始め(63ページ掲載)
ドロ沼に陥らないための相続対策事始め
特集2 相続対策 事始め(64〜65ページ掲載)
医師の9割が「対策なし」 深刻トラブル回避へ早めの準備を
特集2 相続対策 事始め(66〜71ページ掲載)
4事例に見る 相続トラブルの火タネと教訓
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 病院・薬局・施設経営ノウハウ
update:19/09/27