日経ヘルスケア 2015/03号

特集3 「データによる制御時代」をどう乗り切る?
[CASE2] 南風病院 鹿児島市
手術難易度意識しDPCII群病院へランクアップ 今後も高度急性期にふさわしい医療機能を目指す

 TQMチームができたことで、各種データの分析依頼の窓口は同チームに一本化。南風病院では2008年から円滑な診療科運営を目的として各診療科に事務職のマネジメント担当を配置しているが、このスタッフが、必要に応じて適宜、診療現場とTQMチームとの情報伝達役…(73〜75ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3358文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集3 「データによる制御時代」をどう乗り切る?(67ページ掲載)
「データによる制御時代」をどう乗り切る?
特集3 「データによる制御時代」をどう乗り切る?(68〜69ページ掲載)
[TREND] 強まるデータ重視の流れ 国は政策誘導の“切り札”として活用
特集3 「データによる制御時代」をどう乗り切る?(70〜72ページ掲載)
[CASE1] 笠岡第一病院 岡山県笠岡市
特集3 「データによる制御時代」をどう乗り切る?(73〜75ページ掲載)
[CASE2] 南風病院 鹿児島市
特集3 「データによる制御時代」をどう乗り切る?(76〜77ページ掲載)
[CASE3] 長田病院 福岡県柳川市
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医療機器・用品・システム > その他(医療機器・用品・システム)
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > その他(病院・薬局・施設経営)
update:19/09/27