日経メディカル 2015/03号

特集1 攻めの不眠診療
攻めの不眠診療

不眠を訴える患者の多くは、誤った睡眠習慣を持っている。そこを解決せずに、ただ睡眠薬を処方するのでは、「不眠症の寛解」にはつながらない。患者の睡眠習慣に踏み込み、改善につなげるためのノウハウと、睡眠薬を使う際の注意点を紹介する。(36〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:409文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 攻めの不眠診療(36〜37ページ掲載)
攻めの不眠診療
特集1 攻めの不眠診療(38〜39ページ掲載)
〔プロローグ〕 不眠症は「生活習慣病」だ
特集1 攻めの不眠診療(40〜41ページ掲載)
〔step1〕 睡眠状況を「見える化」する
特集1 攻めの不眠診療(42〜43ページ掲載)
〔step2〕 睡眠への「誤認」を解く
特集1 攻めの不眠診療(44〜45ページ掲載)
〔step3〕 「簡易CBT」で睡眠の質を上げる
特集1 攻めの不眠診療(46〜47ページ掲載)
〔不眠症の薬物療法〕 睡眠薬は「休薬」を視野に導入
関連カテゴリ・企業名
update:19/09/27