日経メディカル 2015/03号

判例に学ぶ医療トラブル回避術
羊水検査の結果を見誤る 産科医に賠償命じる判決

 本件は、Aクリニックで理事長・院長の医師Bによる羊水検査を受けたCと夫のDが、検査結果報告書の内容に関して誤った説明を受けたために中絶の機会を奪われ、児がダウン症に伴う疾患のため死亡したなどと主張。AとBに対して、損害賠償金としてC、Dそれぞれに500…(115〜117ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4343文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > その他(バイオ・医療トラブル)
update:19/09/27