日経ものづくり 2015/04号

ニュースの深層
光造形方式の3Dペンが登場 ノズル先端で吐出した樹脂を即座に硬化

 光造形法を採用する3Dプリンターでは基本的に、タンクに貯めたりシートに付着させたりした光硬化性樹脂に選択的に光を当てることで断面形状を硬化させ、それを積層していく。このため、樹脂溶解積層法のように造形ヘッドを取り出してペン型の筐体に内蔵させ…(25〜27ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3839文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > 製造機械・工具
車・機械・家電・工業製品 > 素材・部材 > 樹脂・プラスチックス
ビズボードスペシャル > 素材 > 樹脂・プラスチックス
【記事に登場する企業】
米フューチャーメイク社(3Dペン)
update:19/09/26