日経ものづくり 2015/04号

ニュースの深層
繊維強化樹脂の新成形法が続々 鋼を置き換えクルマの軽量化を支援

 今後さらに強度を向上させる方法として、成形品中の繊維をさらに長くすることが考えられる。しかし、鋼を代替することに関しては「5mm程度の繊維が成形品に存在すれば十分」(三菱重工プラテック代表取締役社長の久保田浩司氏)であり、現状のままさらに繊維…(29〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4253文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > 製造機械・工具
車・機械・家電・工業製品 > 素材・部材 > 繊維
車・機械・家電・工業製品 > 素材・部材 > 樹脂・プラスチックス
ビズボードスペシャル > 素材 > 繊維
ビズボードスペシャル > 素材 > 樹脂・プラスチックス
【記事に登場する企業】
独アルブルク
米マークフォージ社
三菱重工プラスチックテクノロジー
update:19/09/26